雑学レイ

様々な雑学や都市伝説を語る女装家(男の娘)テラーです。

【衝撃】幽霊にも寿命がある!?

幽霊は一般的に亡くなった者の魂が成仏できず姿を現したものとされてます。

 

しかし驚くことに、幽霊にも"寿命"が存在すると言われているのです。

 

今回は幽霊の寿命について紹介していきましょう。


f:id:zatsugakurei517:20210510171427j:image

 

【霊の寿命は何年?】

 

幽霊の寿命は平均で約400年から500年とされています。

 

今から約400年前の1615年に現在の大阪城付近で"大坂夏の陣"という戦が起こりました。


f:id:zatsugakurei517:20210510172103j:image

豊臣秀頼vs徳川家康の合戦で約10万人が戦死したとされています。

 

そのため大阪城は心霊現象が多発する心霊スポットとしても知られていました。

 

しかし戦からちょうど400年後の2015年あたりから心霊現象が少なくなり、目撃情報や体験談が減少していったのです。

 

これが霊の寿命は約400年から500年とされている理由だと言われています。

 

【必ずしも400年とは限らない!】

 

しかし霊によっては、必ずしも400年から500年とは限りません。

 

実は霊は恨みが強ければ強いほど寿命が長いとされているのです。


f:id:zatsugakurei517:20210510173151j:image

 

日本で過去最も寿命が長かったとされている霊は「崇徳天皇」といわれています。


f:id:zatsugakurei517:20210510173556j:image

崇徳天皇

 

崇徳天皇の場合は平均のおよそ2倍である"800年"とされています。

 

崇徳天皇は政治の実権を鳥羽上皇に奪われたうえ、島流しの刑に処されます。

 

天皇家を激しく恨み、自身の舌を噛み、その血で呪ったとされています。

 

その後、後白河天皇の親しい人物、摂政になった人達が次々と亡くなっていったとされています。


f:id:zatsugakurei517:20210510175412j:image

 

【安定と混乱】

 

私たちがよく聞く怪談や怖い話などに登場する霊は、「大戦時の兵士」「武士」「落武者」などが多く、それより昔の縄文時代弥生時代の霊の話は確かに聞いたことがありません。

 

f:id:zatsugakurei517:20210510200238j:plain

f:id:zatsugakurei517:20210510200304j:plain

 

これはその時代の霊が既に寿命を迎え、消滅したためとされていますが、古い魂が消滅すると新たな魂が誕生するといわれています。

 

実はその魂の消滅と誕生が「時代の安定と混乱」に影響しているというのです。

 

魂が循環する周期とされる約400年から500年で、全ての人間の魂が入れ替わるとされています。

 

それを裏付けるかのように、人類(世界)の歴史は過去に「安定と混乱」を同じ周期で繰り返しているといわれています。

 

f:id:zatsugakurei517:20210510185157j:image

 

魂が転生を繰り返して1つの時代をまっとうすると、また転生して新たな時代に影響を与えていくのです。



では日本の場合を例に紹介しましょう。

 

1.西暦300年から700年ごろ

日本統一時代による混乱期

 

2.700年から1100年ごろ

大化の改新(645年)による安定期

 

3.1100年から1500年ごろ

戦国時代へ突入し、数々の戦による混乱期

 

4.1500年から1900年ごろ

徳川の統治、文明開化による安定期

 

5.1900年から現在

世界大戦、冷戦、国際問題などの混乱期

 

このようになっています。

 

【最後に】

 

このように、私たち現代人が生きているのは正に混乱期と言え、これからの未来どうなるか、それは誰にも分かりません…。